プロポリス

サンフローラ プロポリスとの出会い

私達(鍼灸師:佐野由紀子と助産師:奥村仁枝)とプロポリスとの出会いは、1994年のことでした。伊豆の温泉に出かけ立ち寄ったフルーツジュースショップで購入したのが最初でした。

プロポリスの本に、あまりにもいろいろな分野の効能が載っていたために、とても魅力を感じましたが高価な物なので皆さんには紹介が難しいかもと思ったりしま した。そんな時知人の小児科医が御自身のお子様に使用した例を聞いて迷いも吹っ飛び、当時30mlで1万円のプロポリスを手に入れたのでした。

旅行中、私(奥村)は陥入爪で足の親指が炎症を起こし、激痛でまともに靴が履けない状態でした。旅館にチェックイン後、早速患部に液体プロポリスを垂らし、また水に溶かして飲んでもみました。

その夜に患部は自然に排膿し、朝は炎症も傷みも消え、ハイヒールを履いて東京に行けたのでした。この時の驚きと感動で、一刻も早くこの商品を扱い、皆様にご紹介したい気持ちになっていました。

あまりの効果に、価格に引っかかっていた気持ちも吹っ飛んでしまいました。

そのころ母乳育児相談室を中心にアトピーの子供達のための食品を扱いだしました。プロポリスは、あっという間に超人気商品になり、効果に満足していただいた皆様から“これは安いと思います。”との評価を頂きました。

1995年から1999年春まで私達は、治療院をクローズして、インドに行きました。

その時“アガスティアの葉”を読むチャンスに恵まれました。5〜6000年前にアガスティア聖者が書いたという個人の預言書です。親指の指紋だけで検索するのに両親の名前が載っているのです。

ヤシの葉に古代タミール語でかかれた私達の葉っぱには、【今病人に薬を与えたりする仕事をしている】と書かれていたのです。

私たちが4年間もインドで元気に暮ごせたのもプロポリスのお蔭です。

すぐ病気にかかる日本人の若者達にプロポリスを飲ませてあげたりしました。

インドの乞食の子供が雨にぬれて倒れていた時もプロポ リスを飲ませに行きました。知り合いになった南アフリカに住むインド人にもプロポリスを届けに行きました。

これが私達の仕事だったのねと思うと笑えてきました。

さらに葉っぱには、古代タミール語で『薬であって、お酒であって、食べ物であるものを扱って収入もある。』と書いてあり、通訳さんが首をかしげていました。

私達はそれがプロポリスを意味するものであることがすぐわかりました。

お酒・・・蜂が樹の樹液を吸って自分の唾液と混ぜたヤニのような物なので、アルコールで抽出します。

薬・・・プロポリスは、古代から薬と して使用されています。

食品・・・食べ物扱いなので、アルティのような自然食品店でも扱えます。

6000年前からプロポリスを扱わせていただくことが決まっていたなんて本当に不思議で有難いことだと思いました。

現在取り扱っているサンフローラ社のプロポリスは、インド滞在中にサイババアシュラムで知り合った日本人から紹介して頂きました。

はじめて10年熟成が売り出された時でした。10年も熟成できるのは、よほどの備蓄がないと実現できません。社員は、10年熟成は社長の道楽です。とおっしゃっていました。

サンフローラ社が熟成にこだわる理由は、3年熟成以下はハチ毒反応で、ハチアレルギーが出やすいそうです。

サンフローラ社のプロポリスキャンディ(三種類)は、飴であっても5年熟成プロポリスをふんだんに。使用しています。

木の樽で熟成することで粒子化し吸収しやすくなっています。もちろん味もまろやかです。濃度も濃くなります。 プロポリス通に“これって安いですね。”と言っていただけるのが嬉しいです。

サンフローラ社のプロポリスとの出会いに感謝!!

ぜひ皆様の家の常備品として、御家族の健康管理のために、海外旅行のお供にサンフローラ社のプロポリスがお役立にたつことを願っております。

プロポリスとは?

プロポリスはミツバチが作り出す天然の抗菌性物質

樹木の樹脂には芽を保護し、幹についた傷を治す力があります。
ミツバチがその樹液を採取し、自身の酵素と反応させて作り出すのがプロポリスです。
ミツバチは、そのプロポリスで巣の内面を内張りしたり隙間を埋めたりします。
それは、巣の中をより無菌状態に近づけ、細菌やバクテリアの繁殖防を防止すると共に、
外から侵入する外敵の駆除と腐敗防止になります。
プロポリスのその驚異的な抗菌作用で、ミツバチは巣を外界から守っているのです。

紀元前から人類はプロポリスを利用してきました
紀元前3000年頃の古代エジプトでは、ミイラの腐敗防止にプロポリスが使われており、
かのクレオパトラも老化防止にプロポリスを愛用していたという話もあります。
また、古代ローマの兵士が健康のために使用した記録があります。

◆古代ギリシャのアリストテレス
◆ローマの植物学者プリニゥスが紀元初期に
◆ギリシャの医師ディオクリトス

以上の人達等の書物などに古くから紹介されています。

現代では多くの医師たちによる臨床データにより、プロポリスの優れた薬効が実証されています。

ご購入はこちらから!

プロポリスってどうして身体にいいの

栄養素プラス80余種の有効成分

プロポリスは、タンパク質・アミノ酸・脂質・炭水化物・各種ビタミン・ミネラル
といった栄養素に加え、フラボノイド・桂皮酸誘導体に代表される
80種類以上の有効成分・酵素類を含む、健康補助食品です。

プロポリスには、ケルセチン・カフェ酸フェネチルエステル・クレロダン系ジテルペン、
アルテピリンCなどの 、抗ガン作用が認められている成分も含まれています。


豊富なフラボノイドの抗酸化作用で若々しいからだを維持する 

酸素がなければ、私達が生いきていけません。
ところが、その一部は、体内でエネルギーを発生させるプロセスにおいて、
「活性酸素」という不安定な形に変化します。


私達の体が徐々に老化していくのは、この活性酸素によって細胞が酸化して、
機能が低下することに大きな原因があり、ガン細胞の発生に関しても、
活性酸素が細胞核の遺伝子を傷つけ、異常細胞に変化させるという説が有力です。
また、さまざまな慢性病も活性酸素が引き金になっているといわれています。


しかし、活性酸素は悪い働きばかりをするのではありません。例えば、
体の中に病原菌などが侵入したときなど、体内の免疫細胞は活性酸素を生成して、
その活性酸素の毒性で病原菌を撃退するという良い働きもしています。
私たちの体内に必要以上に活性酸素が増えると抗酸化酵素(SOD)を体内で作り出し、
活性酸素を除去しています。


ところが、加齢とともに抗酸化酵素の産出量は少なくなります。
結果、細胞が酸化され老化現象が早まり、免疫力も低下し、
病気にもなりやすくなるわけです。


プロポリスに含まれている豊富なフラボノイドは、
抗酸化作用に優れた成分ですから、
健康維持に大いに役立ちます。

ブラジル産ユーカリ原料を選ぶ理由

プロポリスは世界各地で採取されますが、

現在、生産高、品質ともに最高とされているのはブラジル産プロポリスです。

優れた、プロポリス採取部隊(アフリカ系とヨーロッパ系の混合種ミツバチ)
ブラジル原野にはウイルスやバクテリアなどの外敵が多く存在する為、
強力な抗菌力を持つプロポリスが必要となりますが、
ブラジルのミツバチは他のミツバチより飛翔能力・生産性に優れているため、
プロポリスの元となる樹脂等の採取・プロポリス生成を大量に行える能力を持っています。


優れたプロポリスの起原植物ユーカリ
起原植物とは、プロポリスをつくるためにミツバチが集める新芽や樹液の元の植物。

ブラジルは以前から薬草の宝庫でしたが、
ユーカリの植林によって、プロポリスの採取高・品質が飛躍的に向上しました。

ユーカリには、他の植物を排除して自分の領域を広げる性質があります。
ユーカリ林にほとんど下草が生えないのは、ユーカリが水分・養分をどんどん吸い上げて、
他の植物を生えさせないからです。

いろいろな植物が入り混じっている、いわゆる混植地帯には、ウルシ等の毒性の高い植物も存在し、
ミツバチは、同一種類の植物から蜜・花粉・樹液などを集める習性を持つのですが、
それでも混植地帯で活動するミツバチの集める蜜や樹液には、ウルシ毒等の毒物混入の恐れがあり、
危険がゼ口とは言えないのです。

その点、広大な面積をもち、かつ純潔度の高いユー力リ林で活動するミツバチから採取する
プロポリスは、ユーカリ以外の植物が混入する可能性が低く安全なのです。

さらに、ユーカリはその強力な抗菌力のため、農薬を一切必要とせず、
100%無農薬・無化学肥料の、安全な製品の生産ができるのです。

長期熟成が大事なのはなぜ

熟成期間が長くなるほど、プロポリスの品質は高くなる

長期熟成によるメリット

有毒物質を無毒化する
 例えば、ハブ酒やスズメバチの焼酎漬け等、
 猛毒の材料を使ったものが3年、5年と熟成する事で良薬になるように、
 プロポリスも、できれば3年以上の熟成期間を置くのが理想です。
 プロポリスにハブやスズメバチのような猛毒が含まれるわけではありませんが、
 熟成期間を置く事で、より安全なプロポリスになります。

◆有効成分の増幅
 
より多くの有効成分が抽出される。

◆味と香りを芳醇にする
 
味がまろやかで飲みやすくなる。

◆粒子を細かくして体内への吸収を良くする
 
プロポリス溶液を「コロイド化」、つまり、細粒子化し溶解することです。
 そうして細かくなったプロポリス成分は、吸収されやすく、より短期間で効果を発揮します。

サンフローラのプロポリスは木の樽で長期熟成

プロポリスは天然の産物ゆえに天然資源の木の容器で熟成させるのがベスト。
サンフローラでは、変質や異物の溶出を防ぐため、一貫して木の樽を熟成に用いています。

長期熟成が大事なのはなぜ
yahooショップ ご購入はこちら
yahooショップ ご購入はこちら
アルティ便り
ひとえのお勧め